副業の選び方(3)アマゾン(Amazon)輸出

この記事の所要時間: 224

アマゾン輸出

円安の昨今、個人でできるネットビジネスとして
注目されているのが「アマゾン輸出」です。

これは、日本で安く仕入れたものを、
アメリカや欧州の「アマゾン」で販売するビジネスです。

仕入れは日本のアマゾンや楽天などのネットでする事もできるので
完全在宅でできることと、他の副業ビジネスに比べて
参入障壁が高く、ライバルが比較的少ないなどのメリットがあったのですが、
ここ最近は、実践者が増え、価格競争が起こっています。

 

日本から出品可能なアマゾンのマーケットプレイスは主に
・アメリカ
・イギリス
・フランス
・ドイツ
・スペイン
・イタリア

となっています。

日本⇔アメリカ間は、個人間での取引が比較的自由に出来、
関税等のトラブルも比較的無いので、個人でも参入しやすくなっています。

一方欧州に関しては、

・VAT(付加価値税※約20%)
・知的財産権

など、さまざまな制約があり、アメリカと比べて
輸出に制限があり、アメリカに比べて実践者が比較的少ないのが特徴です。

また、最近では、アカウント停止が頻繁に起こっています。

実践者が多くなってきたため、新規に参入しても
アカウント審査が入り、出品できなくなってしまうのです。

法人のアカウントに関しては、アカウントが差し止められる事は
あまりありませんが、個人のアカウントに関しては、アカウントが
止められることが多くなっています。

アマゾンだけではなく、他のマーケットプレイスに関しても
アカウントが停止する(サスペンドされる)可能性はありますので、
注意が必要です。
また、お客様対応が必要となるので、
比較的時間のコントロールが必要となります。

※ただしFBA納品(アマゾンの倉庫に納品)すればアマゾンが
配送やお客様対応をしてくれるので、その必要はなくなります。

アマゾン輸出のメリット

・外貨を稼ぐ事ができる
・短期間でも売り上げが上げやすい
・ライバルが少ない商品を探せれば、利益が出る。
・海外との仕事の経験が詰める

アマゾン輸出のデメリット

・アカウントが停止する可能性がある
・売れ筋の商品に関しては、薄利多売になる
・自分で時間をコントロールしにくい

 
アマゾン輸出に関しては、
ライバルが少ない商品を探して、利益を出すということが
最も重要になります。

その点を細かく教えてくださるのが玉助さんという方です。

この方は、他の塾の講師と比べてもとても丁寧で
アマゾン輸出仲間の中でもとても評判です。

この方の教材がこちらです。

良かったら見てみてくださいね。

初心者でも実践できて、利益がでる
真・アマゾン輸出ノウハウ

Comment

  1. こんばんは、つっちーです。

    私もせどりをしているのですが
    輸出入は何となくハードルが高くて
    まだやったことがありません。

    jonoさんのブログをいつも拝見して
    いるのですが、その行動力には
    いつも驚かされています。

    また、過去にアフィリエイトで
    毎月10万円稼いでおられたという
    実績にも注目しています!

    最近は毎月10万円のお小遣いが
    欲しくてアフィリエイトに参入する
    方が多い様なので、そのノウハウを
    知りたい人が多いのでは無いでしょうか。

    一度稼ぐ事の出来たjonoさんであれば
    すでに毎月30万円をクリアされている
    かもですが、すぐに達成出来そうですよね。

    これからも楽しい記事を楽しみにしてます^^

    • keiko jonoharu より:

      つっちーさん

      コメント頂きありがとうございます!
      輸出入は、お客様とのやりとりが多かったり、
      配送トラブルが多いので、副業でやるには
      ちょっと時間が足りないのでは?と思います。

      国内せどりで実績が出せるなら
      国内の方が楽です♪

      つっちーさんのブログも拝見させていただきますね(^-^*)/

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2018年6月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

▲トップへ戻る