メルカリのアルゴリズム変更に伴う傾向と対策(2)

この記事の所要時間: 15

前回の記事
メルカリに新規出品しても
タイムラインの上に掲載されなくなった
ことをご紹介しました。

メルカリ

 

今日は、
それを踏まえた対策を載せていきたいと思います。

メルカリのアルゴリズムについては、
情報がクローズになっていますので、
ここから先は私の見解になります。

メルカリを主にビジネスに使っていた方は
出品方法が変わります。

【今まで】
アカウント停止にならない程度の出品数
(1日に約50品程度)をとにかく出品


【これから】
一般の方が出品するであろう点数
(1日に15品程度?)を
リサーチして出品

出品しすぎると
スパム認定されてしまうのですから、
出す商品を厳選しなければなりません。

ですが、
今まで50品出品して
1割の5品が売れたのであれば、
15品出品して3割の約5品を売れば
結果は同じです。

要は打率(販売率)
を上げる事が重要となります。

売るためには
売れる商品リサーチが重要となりますが、
それはメルカリだろうと
アマゾンだろうと
楽天だろうと一緒です。

リサーチについては、
また別途書いて行きますね(^-^*)

2018年9月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

プロフィール


青山恵子(あおやま けいこ)
神奈川県横浜市在住
会社員時代に副業からネット物販ビジネスをスタートして、 半年後に、月収30万円を安定的に稼ぎ出せるようになったのを期に、会社を退職し独立しました。
詳しいプロフィールはこちら

お問い合わせ

お問い合わせはこちらまでどうぞ
For inquiries, please use a inquiry form

メディア掲載

ビットコイン投資を始めるなら

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

▲トップへ戻る