amazonの規約変更で得する人損する人

この記事の所要時間: 132

すでにご存知の方もいらっしゃると思いますが、
ここ数ヶ月でamazonのアパレルカテゴリは
規約がどんどん厳しくなってきています。

アマゾン バッグ

これはamazonへの出品者が増えるに従い
amazonサイト内でのSEO競争が激しくなり、
SEOを意識するがゆえ、
タイトルや商品説明文に
商品と関連性のないものまで
詰め込む出品者が増えたためです。

そういったページは
購入者にとっては
分かりにくく、とっても不便ですよね。

そういった訳で
ユーザーファーストがモットーの
amazonは19日付けでまたまた規約を変えました。

対象となるのは
・腕時計
・ジュエリー
・服&ファッション小物
・シューズ&バッグ
のカテゴリになります。

•画像登録規約の主な変更点:
[変更前] メイン画像の背景色は、純粋な白もしくは薄いグレー
[変更後] メイン画像の背景色は、純粋な白のみ

•商品名の主な変更点:
[変更前] 商品名の最大文字数は全角130文字
[変更後] 商品名の最大文字数は全角65文字

商品名の最大文字数が短くなるので
今まで商品名にキーワードを盛りだくさん入れていた
出品者はキーワードを絞らなければなりません。

今まで好調だったユーザーは
この変更によって売上がかなり変わるかもしれませんね。

ちなみに前回の仕様変更の際は
200万近くあった売上が90万まで落ちた方も
いらっしゃいます。

逆に今までさっぱりアパレル商品が
売れなかった出品者の方は
チャンスが到来するかもしれません。

そう考えると
いかにこういった情報を先に取得し
対応していくことが大切かということが
わかりますね(^-^*)/

2018年6月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

▲トップへ戻る